レンタルサーバー @WAPPYワピコマンガ レンタルサーバー@WAPPYお申し込み
HOME ニュース サービス サーバ環境 料金・お支払い方法 サポート お申し込み
サービス

SSLについて

セキュリティをさらにグレードアップ!共用SSL・専用SSLの提供を開始しました!

SSLって何だワン?

SSLとは、Secure Socket Layerの略で、セキュリティを高める暗号化通信の規約(プロトコル)として、広くウェブサイトで利用されています。
通信の暗号化
SSLサーバ証明書が導入されているサイトにhttps://から始まるURLでアクセスする事で、通信の暗号化及び、ウェブサイトの運営者情報を確認する事ができます。その際、ブラウザに鍵マークのアイコンが表示され、サーバ-ブラウザ間で情報は暗号化されていることが分かります。

SSLを導入することにより、クレジットカード情報をはじめとする個人情報など、機密性の高い情報を安全にやり取りできます。

SSLサーバ証明書とは

SSLサーバ証明書とは、ウェブサイトの所有者の情報・送信情報の暗号化に必要な鍵・発行者の署名データを持った電子証明書です。
SSLサーバ証明書には
主に下記2つの役割があります。

  • 証明書に表示されたドメイン(サーバ)の所有者であることの証明
  • ブラウザとウェブサーバ間でのSSL暗号化通信の実現
安心して情報を送信

これにより、サイトの訪問者は「情報の送信先」や「送信する情報が暗号化されること」を確認し、安心してサイトを利用することができます。

SSLの役割を解説するワンワン!

サーバーブラウザ間の通信を暗号化するワン!!

サーバーブラウザ間の通信を暗号化ウェブサイトであなたが入力している個人情報やクレジットカード情報は、SSLを利用しない場合、通信中、常に盗み見られる恐れがあります(全てのデータがそのままインターネット上に流れるため、常にデータ漏えいの危険にさらされます)。

SSLでは、ブラウザとサーバがSSLサーバ証明書を利用して暗号化通信を行うため、大切な情報を安全に送受信することが可能です。また、暗号化に関する処理は、ブラウザとサーバが自動的に行うので、特別な設定や面倒な操作は一切不要です。

暗号化していても偽物のウェブサイトに送信してしまうと意味がないんだワン〜

「本物の」運営者名ブラウザの鍵マークをクリックすると、認証局(第三者認証局であるグローバルサイン )が審査した「本物の」運営者名を確認でき、「本物の」ウェブサイトとして安心して利用できます。

SSLの活用例を紹介するワ〜ン!

情報を安全に送受信一般的に個人情報などを入力するフォームがあるサイトに導入されています。SSLに対応していることで、ブラウザ経由の通信が暗号化され、情報が安全に送受信されるようになります。
インターネットユーザがショッピングやサービスを利用する際に重要視するポイントとして「SSL暗号化通信がされていること」を挙げています。

クレジットカード情報などの暗号化による情報漏えいの防止、サイト運営者情報の表示により、ユーザは安心してショッピングやサービスを利用することができます。

  • ご意見やご相談などの問い合わせフォーム
  • クレジットカード情報の入力画面
  • ログイン用のID/パスワードの入力画面
  • 会員登録フォームなど、個人情報の入力画面
  • 掲示板やチャットでのやり取り

共用SSLと専用SSLについてワッピーが調べたワン!!

共用SSLは、レンタルサーバ会社に発行された証明書を、指定のドメインで他の利用者と共有して利用する方法なんだワ〜ン♪

共用SSLのメリットは、レンタルサーバ会社に発行された証明書を、他の利用者と共有して利用するので、専用SSLに比べ低コストで利用できることです。
しかし、独自ドメインでは共用SSLを利用できないので、独自ドメインを取得していてもSSL通信を行うときだけ、レンタルサーバ会社が指定するURLに変わってしまいます。

例えば…http://wappy.ne.jp というURLで、共用SSLを利用してネットショップを運営している場合
会員登録やショッピングカート画面・クレジットカード番号の入力画面など、重要情報の送受信が発生する段階から、https://wp***.wappy.ne.jp/ドメイン名/ というURLに変わります。

WAPPYワッピーなら、共用SSLを無料で利用できるワン!!

専用SSLは、自分専用として発行された証明書を、独自ドメインで自分だけで利用する方法なんだワンワン!!

専用SSLは、独自ドメインで自分専用の証明書を利用できます。そのため、共用SSLとは違い、SSL通信を行うときもドメインが変わることはありませんので、サイトの信頼性は高くなります。

例えば…http://wappy.ne.jp というURLで、専用SSLを利用してネットショップを運営している場合重要情報の送受信が発生する段階でも、https://wappy.ne.jp/ と、
同じドメイン名でSSL通信が可能です。

WAPPYワッピーでは、専用SSLとして、コスト削減を実現したグローバルサイン クイック認証SSLを利用できるワン♪

共用SSL 詳細はこちら専用SSL 詳細はこちら

PageTop


Copyright (C) 2000- GMO CLOUD K.K., all rights reserved.

安心のレンタルサーバーWADAX